O邸 庭園 (かほく市宇ノ気町)
   
  O邸 和風庭園


 
  タイトル「目線の通る庭」  
  新築した建物の周囲に細長く植栽地があり、あえて玄関から裏庭まで目線が通るように、樹木は塀際に集め、目線の通り道に飛び石を配置し庭を造りました。
数寄屋作りに近い住宅に解け込む様に、玄関の門の横には門冠りのマツ、玄関先にはクロチクを配置し、奥庭の中にはツクバイを配置。
砂利敷きの下には防草シートを敷き、雑草が生えにくいように心がけました。
 
   
  O邸 和風庭園


 
   
  裏庭も同様に、樹木は塀際に配置し同線を建物側に通しました。また、ご主人様のご希望で、書斎から見える一角に石組みと常緑樹で坪庭を作りました。
こちらも砂利敷きの下には防草シートを敷きつめました。
使用した樹木は、比較的虫の付きにくい常緑樹をメインとし、一部落葉樹も配置してあります。
灯篭は生け込みのほか、北木石の春日灯篭を1竿配置してあります。